行動ができないからと言って焦る必要はない | 受け入れられる考え方

マインドの勉強をするようになって柔軟に物事を考えられるようになったし、昔の自分と比べると悩むことが少なくなったように思います。

だからと言って悩むことが無いというわけではありません。

私は気になったことは何でも挑戦してみようという考えで、興味のもったものを勉強したり体験してみたりして、知らないことを知ることをモットーとしています。

 

最近ではスピリチュアルなことに関心があって、タロット占いを勉強していたのですが突然その意欲が落ちてしまいました。

嫌いになったわけではないのですが、何を目的にして勉強していたのかわからなくなってしまったんです。

 

人様を占うレベルではないけど、自分のことならある程度理解できる。そのことに満足してしまったのかもしれません。

今までも同じようなことがありました。

その度に次に興味のあることに突き進むのですが今回は違いました。

 

全くやる気がおきないのです。

 

1週間たっても2週間たってもやりたいことが見つからないんです。

これには本当に焦りました。

 

仕事が終わって「さぁ、これから自分の時間だー」って時に何もすることがないんです。

本を読む意欲もなければ、ブログを書くわけでもない。

 

仕事から帰る→ご飯を食べる→寝る

 

本当にそのサイクルしかなくて、ただただ時間を無駄に過ごしていました。

そのプレッシャーに追われ必死に何か見つけようとはするものの、何をしていいかわからない。

そんな状態で迷走していました。

 

この記事を書いている現在も何もやっていいかわかっていません。

 

でも、ふと冷静になったら心が楽になったんです。

それは、無駄に焦って今を大切にしていなことに気づいたからです。

私は何も行動しない時間が悪いことだって無意識に決めつけていました。

でもそれは間違いでした。

 

次に新しいこと始めるためにも今は大切な時間だったんです。

 

以前やっていたもの→何をやるか見定める→次に始めるもの

 

今はまさに「見定める」時期で、「次に始める」に行くには必要な時間なんです。

 

これまでは、

以前やっていたもの→次に始めるもの

って感じで直ぐに行動できていたので、今の自分を否定していたんです。

 

いつまで続くのか分かりませんが、意欲が出ない・やる気が出ないっていうのは、心が休みたい状態なんだと受け入れることにしました。

心が拒否しているのに、思考では進もうとしていたら、当然ズレが生じて生きづらくなりますねよね。

 

「行動できないのは悪いことじゃない。今の自分には必要な時間」こんな感じに受け入れたら楽になりました。

 

今はまだ何を勉強していいかわからないけど、それまでに普段の生活を丁寧に生きるということをやってみようと思いました。

 

料理をいつもよりこだわってみる、掃除に力を入れる、いつも何となくでやっていたものを見つめなおす時間にしようと思っています。

 

同じように行動できなくて焦っている人は参考にしてみてください。