断捨離を成功させる方法 | 捨てたいのに「もったいない」が邪魔をする

「捨てるのがもったいない・・・。」

私はこのような思考をずっと持ち続けていたせいで、心の中にゴミを抱えていた状態でした。

部屋を片付けたいと思っているのに、掃除をしても必要最低限のことしかやらず一向に部屋が片付くことはありませんでした。

 

気付くと物は増えていく、だけど捨てる事はしない・・。

コレって、私だけじゃなく他の人も同じだろうなーなんて思っているんですが、あなたも思い当たるふしはありませんか?

 

不思議ですよね。

増やす事は簡単なのに減らす事は難しい。

これでは部屋が散らかるのは当然です。

 

断捨離って言葉聞いた事ありますよね?

このままではずっと同じことの繰り返しだと思ったので、私はその断捨離に挑戦しました。

 

最初は失敗の連続でしたが、何度かやっていくうちにものに対する執着心をなくすことに成功しています。

ということで、今回は私が会得した「断捨離をするときの考え方」についてお話していきます。

 

 

断捨離をすることのメリット

そもそも断捨離とは何なのでしょうか?

よく耳にするイメージから想像すると、物を捨てる事を指しているように思います。

 

「断捨離」という言葉を調べてみるとヨガの考えをもとに作られた整理法でした。

 

ヨガには「断行(だんぎょう)」・「捨行(しゃぎょう)」・「離行(りぎょう)」という考え方があります。

  • 断:物を増やさないこと
  • 捨:物を捨てること
  • 離:執着しないこと

まとめると、最低限の物だけでシンプルに過ごすってことです。

 

物を捨てるだけという考え方では、「捨」の考え方しか取り入れていない事になり断捨離とは言えません。

 

断捨離をすることが受け入れられている本当の理由は、部屋や身の回りが片付く事ではなく心が成長するから」だと思っています。

 

断捨離が成功しやすくなる考え方

断捨離を実行する前までは、物を捨てるのは難しいことだと思っていました。

 

以前の私は一つの物事をやり遂げることが苦手で、次から次へと新しいことに興味をもってしまうので部屋に不要な物がたくさんありました。

楽器を始めてみたり、漫画やフィギュアを集めてみたり、過去に熱中したものを捨てられずにいました。

 

捨てる事が難しいと思っていたのは「もったいない」という心理が邪魔をしていたんです。

この、もったいないが何処から来ていたのかというと、お金に対する執着心です。

 

物には興味はないのに、お金をかけてしまったから手元に残しておきたいと思っていました。

何度か断捨離をしていますが、失敗をしていたのはそれが原因です。

 

結果としてガラクタが部屋に溢れていました。

捨てたいのに、捨てられない。

この状態が何年も続いていましたが、ある考え方をするようになってから簡単に物をすてることができるようになりました。

 

人によって執着しているものは様々だと思います。

愛着があったり、いつか使うだろうっていう将来への不安・・。

ですが、捨てる事ばかりに目を向けずに、捨てた事によるメリットにも目を向けると動きやすくなります。

 

空間が広くなる分エネルギーが溜まる

物を捨てる事でその分のスペースが空きますが、私はそこに良いエネルギーが溜まると考えるようにしました。

 

掃除のされていない汚れた部屋に帰ってくるのって何だかガッカリしますよね。

でも、玄関のドアを開けた時に部屋が綺麗だったらテンション上がりますよね。

その状態にしやすくするには、不要な物を捨てる事が一番です。

 

部屋に物が少ないと掃除がしやすくなります。

無駄なものが部屋に溢れている状態の時よりも、確実に気持ちのいい空間にする事ができるようになります。

 

自分の心でも要らないものってわかっているのに、それに反した状態でいることは無意識にエネルギーを下げてしまっています。

物を捨て、スペースができることで気分を良くするエネルギーが集まるというように考えるようにしました。

そこを意識するだけで、家がより心休まる場所になります。

 

もったいないのは使ってないこと

不要な物が捨てられたないのは自分の執着が原因です。

ですが、本当に大切なのものって何なのでしょうか?

 

捨てる事に対して罪悪感やもったいないと言う感情が出た時に、もったいないのは物ではなく、それを使ってない事だと考えるようになりました。

そのように考えてみたら物に対する執着を簡単に捨てる事ができるようになりました。

 

判断基準を作る

上に説明した感じでやってみると躊躇なく捨てていくことができるようになりました。

 

しかし、それでも捨てるのを躊躇うものがでてきたりもします。

私の場合は、便利な物だったり思い入れのあるものなどがそうでした。

 

そんな時は、もう一度お金払ってでも欲しいかで考えるようにしました。

そうすると割と捨てられてます。

 

思い入れのあったものの場合は、それを持っていて、どんな感情を受けとるかを判断基準としました。

 

持っていると気分が高まるような、いいエネルギーを受け取れるなら残してもいいと思います。

逆に、ただあるだけになってしまう物、なんの感情が動かないものは捨ててしまってもいいと思います。

 

私は物には寿命があると思うようにしています。

感情がうごかなくなってしまったものは、寿命がきてしまったと考えています。

それを選択基準にしていくだけで、自分の身の回りには生きている物が集まっているので、とても良いエネルギーの中で生活していけるようになってきます。

 

まとめ 断捨離を成功させる方法 | 捨てたいのに「もったいない」が邪魔をする

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今回の記事「断捨離を成功させる方法 | 捨てたいのに「もったいない」が邪魔をする」では、

  • 断捨離をするメリット
  • 断捨離が成功しやすくなる考え方

についてお話しました。

 

まとめると、

 

断捨離をすると、あなた自身が成長しますよ。

捨てる事ばかりに目を向けるのではなく、捨てる事のメリットに目を向けると簡単にできますよっていうお話でした。

 

 

私の理想は綺麗な部屋に住む事でした。

ですが、自分で動かないとその理想の状態に近づく事は絶対にないんですよね。

捨てられないと無意識に思ってしまったのが行動をストップさせていました。

 

思い込みって本当に怖いです。

 

しかし、裏を返せば捨てられないと考えている事に気づければ、自然と行動ができるようになっていきます。

自分の中にある無意識の感情を見つけ捨てていくことで、あなたの理想も叶いやすくなります。